パン屋の店舗内装工事

更新日:6月30日

こんにちは!

店舗内装工事・店舗改装工事専門

ウィリアムシャムロック事務所のもーりーです(^^)/

梅雨入りしたかと思っていたら、もう梅雨明けしたそうで

急に気温が上昇しましたね。

みなさまご体調いかがでしょうか?

急に暑くなったので、私は少しバテ気味です・・・

こんな時こそ、しっかり食事を取らないといけませんね。

夏に旬を迎えるお野菜や、鶏肉&豚肉、ウナギ、梅干しやレモンなどが

夏バテに効果があるそうで、ぜひ食欲がない時など食べてみてください!

さて今回は「パン屋の店舗内装工事」について★コチラ「ベーカリーショップの内装」から☚☚

みなさんはどのぐらいの頻度で、パンを食べますか?

私は、毎朝パンを食べています(^o^)丿パン大好きです★

パン屋の内装デザインも様々ですよね。

私のイメージですが、パン屋の内装は

柔らかく温かい雰囲気の店舗が多いように思います。


ちなみに、私の幼馴染も大阪府堺市で

パン屋を開業しています。

白と茶色をメインとした内装で

やんわりとした彼女の雰囲気と合っています♪

幼馴染のパン屋は、看板が少し変わったデザインでなので

自然と目が行き、気になって入店するお客様も多く

「看板可愛いわね~」とお客様と会話が弾むそうです!!

いかに目を引き、入店しやすいお店なのか?そこも重要ポイントですよね(^_-)

内装がおしゃれなパン屋で買ったパンであれば

より一層美味しく感じますし

口コミが広がると、新たなリピーターの獲得へと繋がります。

余談ですが、昨日TVで「行列ができる美味しいデザート」のお店が

紹介されていましたが、どこもまずおしゃれでした♪

もしかしたら「お店の内装デザイン=美味しいもの」は繋がっているのでは??

と改めて、TVを観ながら思い、ふむふむとメモをとっていました(笑)

内装デザインはとても重要

パンの味がどんなに美味しくても

まず店外から見て「パン屋」だとわからないと

入店ですらしてもらいないこと

入店しても、店内が薄暗い感じで、雰囲気が悪く

すぐ出てしまいたいそんなお店だと

新規顧客獲得は難しく、折角美味しいパンでも無駄になってしまいますよね。


内装のデザインは壁紙や床素材、カウンター、陳列棚などの選定によって全く変わってきます。

照明は店内を明るく照らすことよりも

器具自体のデザインに拘ることでお客様の印象も変わってきますし

店舗の大きさによっては、イートインスペースも設けておくと

休憩のために利用するリピーターも獲得できますよね。

また、店内が店外から見えることで、パンの種類や店内の雰囲気

イートインスペースの有無が確認できるので

窓は、一般的なクリアタイプの物を使用することをお勧めします♪

ウィリアムシャムロック事務所でもよく制作しますが

ガラス表面にお店のロゴシールを貼ったりすることでおしゃれ差が増しますよ~

そして、内装に合わせて、POPの書き方のコツも必須です(*^。^*)


どこにでもあるパン屋ではなく、細かな工夫を施したパン屋だと

お客様へ想いも伝わり、新規顧客獲得→リピーターへと繋がっていくのではないでしょうか?

まずは、どんなイメージを持たれているのか、開業資金も含め

ウィリアムシャムロック事務所へお気軽にご相談くださいね!(^^)!

お問い合わせはコチラから☟

https://www.shamrock8869.com/













閲覧数:34回