ジュエリーショップ|店舗内装工事|大阪

先日、大阪市内で店舗内装工事をしていました、ジュエリーショップ「Berry Jinnia」の引き渡しが終わりました。施主は中国人の方で、日本語がすごく上手でした。弊社では中国語ができるスタッフはいてなかったのですが、身振り手振り&アプリでなんとか工事完成しましたよ☆彡


ジュエリーショップ|内装工事
ジュエリーショップ|内装工事


中国人のご依頼|店舗内装工事|大阪

ジュエリーを展示するディスプレイ用什器は、中国の方で準備されていたのですが、弊社で少し改造させていただき、レイアウトから配置までをサポートさせていただきました。

今回のメインのジュエリーは、「パール(真珠)」だそうです。オープン前には大小さまざまなパールが並べられていました。施主もいつもとは違った雰囲気でちょっとびっくり((〃艸〃)ムフッ

中国人ということで、ネガなイメージを持つひともいらっしゃいますが、今回サポートさせていただいた方はとても丁寧な方でした。私たちはなるべくわかりやすい日本語を選択しながらコミュニーションをすることを心掛けていたのですが、逆に、流ちょうな日本語で恐縮することも度々(;^_^A

今回だけでなく、何度か中国人の方のご依頼がありますが、弊社では国籍にとらわれず、店舗内装、改装工事の分野で店舗開業のサポートさせていただいてます。



店舗内装|ボーダーレス
店舗内装|ボーダーレス

ジュエリーショップの内装工事|ウィリアムシャムロック事務所|大阪



ジュエリーショップの内装工事|費用のコントロール

当初デザイン打合せでは、ジュエリー商材が高額なだけに、どうしても「装飾に力を入れすぎ感」が否めませんでしたが、いくつか我慢していただきシンプルなものに変更させていただきました。そうすることでかなり工事金額を抑えることが出来たように思います。ジュエリーショップの内装というと、派手なイメージをご要望されるかと思うのですが、弊社では肝心なのは店舗の内装ではなく、ジュエリー等の自社商材だと思うのです。店舗の内装はそのジュエリーを際立たせるものであって、店舗内装が目立ってはいけないと考えています。今回もいくつかのポイントを絞って費用をかけるところとそうでないところに分けて、メリハリのある費用のコントロールを心掛けました。


ジュエリーショップの内装費を安く抑えるポイント

やはり、商材であるジュエリーのことを第一に考えるのが安く抑えるポイントになります。内装はシンプルなものを選択したほうがいいように思います。カラーは基本的に1色で少しポイントを入れる程度でいいかと考えます。ディスプレイの什器はジュエリーショップらしく高級感のあるものを選びたいところですね。あえて、ディスプレイもシンプルでもいいかと思います。今ではネットでいい商品が安く買えますので、そちらで探す方が一から作るよりも断然安いです。工事費用を安く抑えるためにも、ここは頑張っていただきたいところです。



内装費を安く
内装費を安く


ジュエリーショップのデザイン

好みにもよりますが、どちらかというと商材すぐ近くの色はブラック色などの濃い目の色を選択したほうがいいように思います。ジュエリーが映えます。いくつかの縁取りはシルバー色でもいいですが、薄く細くできるなら、ゴールド色やほかの色合いでも合いそうです。照明器具で高級感を演出しますので、光の色は「ハロゲン系」を色合いがベスト。ショップの個性演出には、一部の壁を使って、サイン等でコーディネートする手法が一般的です。



ジュエリーショップの内装
ジュエリーショップの内装


ジュエリーショップの内装|まとめ

ひと昔と違って、大手の有名ブランドでもショールームはシンプルなものになってきています。sジュエリーという高級商材だからといって派手に装飾するのは逆にイメージダウンにつながる恐れがありますので、内装デザインは「シンプル」を心掛けましょう。あとは、照明器具でジュエリーをライトアップしていけばいいように考えます。


ジュエリーショップの内装工事|ウィリアムシャムロック事務所|大阪

閲覧数:20回

関連記事