スケルトン天井☆彡

February 14, 2019

 

今回は、「スケルトン天井」のお話をしたいと思います。

高い天井で、開放的。それいてどこか趣があって、ラフな感じ・・・・・。

人気の天井のうちの一つですが、なかなか注意が必要です。

 

もし、今、すでに天井があって、その天井を壊してですね、躯体表し・・・

つまりは「スケルトン天井」にしたいという要望はかなりあります。

しかしですね、よく考えると、その天井を作るときは、スケルトンになるとは

誰も想像しない状態で、造られているのです。

なので、天井板をめくると、おおむねそのスケルトン状態は

「きちゃない」です。

 

 

配管や配線、ダクトや消防関係・・・・・

いろんなものがぐちゃぐちゃ状態なのです。

また、自分が持っていたよりも、構造部分もきれいでないことがほとんどなのです! 

 

よく、天井を作らないことでコストを抑え・・・・・

等の話を聞きますが、逆に、見栄えよよくするのに思わぬ費用負担が発生することが

ありますので、非常に注意が必要です。

というか、逆に費用が掛かる!くらいに考えておいたほうがいいように思いますね^^

 

 

 

お客さんによく言われます。

「費用を抑えるために、天井を壊してスケルトンにしてほしい。」

そういう時は、僕は、全否定はしません!

やわらか~く、費用が掛かることを説明させていただいております。

 

実際問題として、天井を解体して「スケルトン天井」として、見栄えよくできるかどうかは

天井をすべて解体してからでないと判断ができません。

なので、その部分のリスクを覚悟の上での判断→施工ということになります。

 

 

 

ということで、施主第一主義のうちでは、あまりお勧めはしておりませ~ん。

では、また、次のレクチャーで☆彡

Please reload

Featured Posts

はじめまして!シャムロックといいます。

December 5, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts

February 3, 2020

January 15, 2020

January 14, 2020

January 14, 2020

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload